ニュース

ホリエモンの馬はどうなったの?

投稿日:

ホリエモンが馬主になっていた競走馬『ホリエモン』。この馬がどうなったのか?気になる人もいると思います。なので調べてみました。

波乱万丈なホリエモン(馬)の人生

ホリエモン(馬)は2002円4月9日に生まれました。そしてホリエモンの経営するライブドアのサイト内で名前が公募され、2004年8月に『ホリエモン』に決定。その後中央競馬で6戦程戦ったのち高知競馬に移籍しました。
戦勝の方は中央競馬に居た頃は未勝利のままでしたが、高知競馬では3戦目で初勝利を飾った模様です。

ライブドア事件後

ホリエモン(馬)は堀江貴文さん以外にも複数の馬主で共同所有していた為に、ライブドア事件後は逮捕というイメージ悪化等を影響を考え、他の共同馬主の間で堀江貴文さんの名前を外すことを何度も協議されたみたいです。
協議の結果、堀江貴文さんは共同馬主から外れてしまい、無関係となってしまいました。
ただ、名前のほうは軽種馬登録協会の規定によって、日本デビュー後の場名変更は出来ない為『ホリエモン』のままとなりました。

その後、ホリエモンはネットオークションに出品!?

その後、高知競馬を含め色々な地方競馬で競走馬としてレースに参戦していたのですが、馬主の方が多忙になってきた為、世話に困りホリエモン(馬)はインターネットオークションに出品されることとなりました。
オークションの結果10万円で落札されたようですが、取引後のトラブルがあり、また競走馬として続行。その後2010年1月26日に地方競馬登録が抹消されるまで、競走馬として全うした模様です。

競走馬引退後の現在

競走馬を引退したホリエモン(馬)は現在、広島工業大学で乗馬として暮らしています。
名前の方が変更の自由が利く為、ホリエモンから⇒鶴鳴(かくめい)という名前に変わりましたが…
広島工業大学の乗馬のホームページを見る限り、旧(ホリエモン)、現(鶴鳴)は元気に暮らしてるみたいですね。
ホリエモン(馬)の写真はこちら

ホリエモン(馬)は幸せな人生を歩んでよかったですね。

普通、競走馬は雄の場合は余程の名馬でない限り、競走馬引退後は馬刺しにされることがほとんどのようです。そんな中、大きな活躍も出来なかったのに今でも乗馬として人生を過ごせているのは、かなり幸せなのではないでしょうか?

-ニュース

Copyright© ホリエモンって今 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.