プロフィール

ホリエモンの仕事と収入

投稿日:

現在の堀江貴文さんの仕事と収入について書きたいと思います。
ここに書かれている仕事と収入は公表されているモノや実際に仕事として把握出来たものだけを載せていますので、実際の仕事や収入に関してはこれより多くなるものと思われます。

本の収入

ほぼ2ヶ月1度のペース。さらに出版条件として最低3万部という条件を設けています。
基本的に執筆された本のほとんどは出版社から依頼されるとのことで、依頼された時に発行3万部という条件をクリアーしていないと仕事として受けないようです。
本の印税というものは売り上げではなく、刷った時点で発生するので、最低でも3万部分の印税が入ってきています。
一般的に本の印税は1割入るので、1冊1500円として3万部で最低でも450万円以上ということになります。

有料メルマガ

有料メルマガを毎月発行されています。会員料金は毎月840円となり、最新の情報によると1万2千人の読者がいると仰っていたので、毎月1千万以上、年間で1億2千万以上の収入が入る計算になります。
ただ、上記の収入はすべて堀江さんに入る訳ではありません。メルマガ発行会社を通して発行されているので、メルマガ発行会社と堀江さんで分け合う形となっています。
本来ならメルマガ発行会社に40%を発行料として引かれて、メルマガ執筆者には60%入る仕組みなんですが、その辺りの率は、交渉して上げているようです。
ソース堀江貴文×田端信太郎×藤田誠 【次世代を担うITベンチャーラボ】雑談&対談おもらしストリーム 10/28/10 08:47PMより

コンサルタント業

あとは色々な会社でコンサルタント(1回につき100万200万単位)をされたり、顧問を務めたりしているそうです。

講演会などの出演料

これもコンサルタントなどと同じような出演料が相場になると思われます。

雑誌の連載

雑誌の連載を何誌かされています。連載の執筆料がいくらになるかは公表されていないのでわかりませんが、雑誌の連載を行った場合、その後、出版化するケースが多いので、連載による執筆料はそれ程高くないと思います。
基本的に作家や漫画家の収入って出版したことによる収入が大半を占めますからね。雑誌の連載の場合、原稿料は有名な作家や漫画家でも安いと聞いています。

アメブロ

アメーバブログでは著名人に限り、ブログを書くと執筆料が貰える仕組みになっています。一時期、大量の芸能人が他のブログサービスから引き抜かれていったのはこういった執筆料が貰えることと24時間体制のコメント管理を行い炎上しない仕組みを作り上げたことになるでしょう。
それでアメーバブログの執筆料の方ですが、堀江貴文さんの場合月50万程になるようです。(ただしPVUU)によって毎月変動するらしいです。
この辺りの話は【送料無料】そこまで言うか!にて語られています。
iphoneアプリはこちら

Katsuma vs Hiroyuki vs Horie. Is even such a talk told?

出資等

グルーポンである、半額東京というサービスに大々的に出資を始めました。それなりに上手に言っているみたいです。
ただ、グルーポンやボンパレなどの他社と比べると話題にならないので、失敗してるんじゃ?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、グルーポンやボンパレは広告料を大量にかけています。赤字でハーゲンダッツのアイスのクーポンや500円のマックカードを100円で売ったりとか。
それに比べて堀江貴文さんが出資されている半額東京は、堀江さんがツイッターでつぶやいたりする位でまったく宣伝にお金を掛けずにやっているので、同列に語るのはおかしいと思います。

その他

堀江さん自身がやりたいと思ったことなら拒まずに引き受けられています。2010年で言えばミュージカルの主演をされたりもしていました。
ミュージカルの模様はこちらのDVDで収録されています⇒ニコニコミュージカル「クリスマス・キャロル」 [DVD]
また、2010年はミュージカル以外にもセクシー女優をプロデュースされたり等色々されていましたね。

堀江貴文さんの収入をまとめると

具体的な収入は公表されていませんが、現在の収入自体は、2010年の夏頃に行われた『社長失格』の著書で有名な板倉 雄一郎さんを招いたトークイベント内で、すでにライブドアの社長の頃を超えていると仰っていました。
元ハイパーネットの社長板倉雄一郎さんの書籍はこちら⇒【送料無料】社長失格
iphoneアプリ

社長失格
また最新の2011年4月5日に行われた堀江貴文さんと岡田斗司夫さんとのトークショーではメルマガの収入は全体の収益の半分にも満たないとおっしゃっていました。⇒ソース

ホリエモンの資産

たまにスイス銀行に隠し口座があるとかのデマが出回りますが(笑)2009年12月25日にライブドア旧経営陣に賠償を求めていた訴訟で208億7000万円の財産を引き渡すことで和解されています。
この208億円はちゃんとした機関を通して調べた、当時の堀江さんのすべてに近い財産となります。(ちゃんとした機関で調べたギリギリの額となるので、隠し財産なんかがあれば和解なんて出来ません)
経営する会社も失い、財産のほとんどをなくしてしまった。ほぼ0に近いところからここまで這い上がるのは本当に凄いですね。

収入の使い道

現在得ている収入のほとんどはライブドアの社長の頃からの夢、宇宙開発に当てているそうです。
たまに堀江貴文さんにツイッターなどで贅沢する為にお金儲け必死だなみたいな批判をする人がいますが、本人はそういった部分を越えているんじゃないかなと思います。
ライブドア時代は1000億以上の資産があったそうです。これだけの額があれば仕事をきっぱり辞めても一生遊んで暮らせます。1年20億使っても50年生きられるわけですから。
こういった状態になると、贅沢をする為にお金を稼ぐのが馬鹿らしくなるでしょう。自らが使えないお金なんて増えても貯金残高の桁が増えるだけで稼ぐ意味がなくなりますから。
そんな頃に出会った宇宙開発という夢。これをライブドアの社長時代から着手し、社長を辞められた今でも追い続け実行されています。是非とも宇宙開発、成功してもらいたいです。

-プロフィール

Copyright© ホリエモンって今 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.